奇跡を起こした伊藤爆羅騎(ばらき)君、兄は羅王だった。

身長を伸ばそうと一生懸命背伸びする伊藤爆羅騎君 爆羅騎という名前は「強い人間になってほしい」と願う父・雅浩さんが好きなマフィア映画「バラキ」(72年製作、フランス・イタリア合作)から付けられた。伊藤はしこ名について「爆羅騎がいい」と話しており、師匠も承認済み。順当にいけば、初場所で現役最多画数(56画)力士としてデビューする予定だ。
高校では全国大会常連で実力も十分。諦めなければ夢はかなうことを証明した伊藤の次なる夢は「横綱」だ。兄・羅王丸の本名は「伊藤羅王」で、漫画「北斗の拳」の主人公ケンシロウの好敵手「ラオウ」から取られたという。最強のしこ名を持つ兄弟が角界に殴り込みをかけた。

大相撲:背伸び上等!1メートル60「爆羅騎」“盛って”合格

日本相撲協会は26日、初場所(来年1月13日初日)の新弟子検査を行い、前日までは合格基準に7センチ満たなかった伊藤爆羅騎が、ミラクルを起こした。
基準ぎりぎりの1メートル67と測定され「うれしい。奇跡」と感無量の表情を浮かべた。

足元・・・
盛る盛らないの問題じゃねーだろw

舞の海が頭にシリコン埋めて合格した時に結構話題になったけど、未だに審査基準を変えてないの?
爆羅騎君は高校総体ベスト32、国体ベスト16の実績があるから、将来有望とみて黙認したんだろけど、これを見て見ぬふりして合格させるくらいなら、最初から「身長等が基準に満たなくとも実績や実技において優秀な場合は例外とする」みたいにしとけばいいのに。

スポーツ・格闘技 】カテゴリーの記事一覧

2件のフィードバック

  1. そっ…それってOKなの?いつから???
    たんげビックリしてまった。。。
    舞の海がずんぶ前にテレビで
    「シリコン入れた時はものすごく痛かった」
    ってだばって、舞ちゃんの苦労は何だったんだべ…
    とが、色々考えでしまいましたw

  2. だよねw
    まぁ相撲協会も柔軟になってきたんだろうけど、ここまであからさまにやるくらいなら、規定を変えたほうがいいんじゃないかと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


コメントする