トモダチ詐欺

operation_tomodachi.jpgトモダチ作戦で被ばく、米兵らが東電を提訴

東日本大震災の支援活動に当たったアメリカ軍空母の乗組員らが、福島第一原発事故に関する誤った情報で被ばくしたとして、「東京電力」に損害賠償などを求める訴えをアメリカの裁判所に起こした。
21日に訴えを起こしたのは、アメリカ軍が行った支援活動「トモダチ作戦」で震災直後に福島県沖などに派遣された空母「ロナルド・レーガン」の乗組員8人と震災後に生まれた幼児1人の計9人。
訴状の中で、乗組員らは「東京電力が日本政府とともに、原発事故による放射能漏れは脅威をもたらすレベルではないという印象を作り出した」と主張。誤った情報によって有害なレベルの放射線量を被ばくし、がんのリスクが高まったとして、損害賠償など約190億円の支払いを求めている。

これ訴えるならアメリカ軍とかアメリカ政府相手じゃね?
当時、海外では日本政府が発する避難指示区域や警戒区域を信じずにもっと広い区域を設定してたし、危険性は十分把握してたはず。しかも原子力空母の乗組員って原発で働いてるようなもんだから、仮に被ばくが認められたとしても、それが福島原発事故のせいだって言い切れんの?
さすが訴訟大国アメリカって感じだけど、これは感じ悪い。

この件に関する海外の反応を見ると、「同じアメリカ人として恥ずかしい」みたいなコメントが多いからまだ救われる。
ま、アメリカからの義援金が300億円近くあるみたいから、その中から賠償してアメリカ国民に伝えればいい。

アメリカ国民の善意の寄付金のうち、190億円は日本のために使われずに8人の米兵に支払われましたってね。

社会・政治・経済 】カテゴリーの記事一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


コメントする