【白コリ】白コリドラス4種類の比較

一般的に白コリといえばコリドラス・アエネウス(赤コリ)のアルビノ個体を指す。
アルビノは遺伝子の組み合わせで出現するため自然界では稀だが、アルビノ同士で繁殖させると確率が上がる。
赤コリは数あるコリドラスの中でも人工的な繁殖数が多いため、絶対数の多いアエネウスのアルビノが白コリの代名詞になるのは必然か。
アルビノはメラニン色素の遺伝情報が欠損しているため眼が赤いのも特徴。

あと、アルビノ以外でも白変種といって体が白くなる場合がある。
こちらはメラニン色素は正常なので体は白いが眼は黒い。
ホッキョクグマやホワイトタイガーがそう。
熱帯魚ではゴールデンと呼ばれがち。

我が家にいるアルビノは、アエネウス(赤コリ)、パレアタス(青コリ)、ステルバイ。
いずれも人気種のため繁殖数が多い。
白変種は、パンダゴールデン。

この4種を相対的に比較する。


コリドラス・アエネウス・アルビノ
体型:寸胴
色:ベビーピンク、角度によってホログラムのように光る
模様:筋が目立ちムキムキに見える
行動:自由奔放


コリドラス・パレアタス・アルビノ
体型:カクカク
色:ベビーピンク、角度によってまだら部分がホログラムのように光る
模様:青コリと同じくランダムまだら
行動:逆さになったり中上層でも活発


コリドラス・ステルバイ・アルビノ
体型:薄くて背が高い
色:みかん食べすぎ
模様:ノーマルと同じような模様だが色が色だけに鳥肌っぽい
行動:普通


コリドラス・パンダ・ゴールデン
体型:綺麗な曲線フォルムでシュッとしてる
色:ベビーピンク単色で眼は黒い
模様:特になし
行動:普通

みんなかわいいけど、赤眼が苦手な人はパンダゴールデンがおすすめ。
体が白いだけに黒目のコントラストが際立ち、おめめがクリクリに見えてとても可愛らしい。
横目でチラ見されると堪らない。
コリドラス全体の中でもトップクラスの可愛らしさ。

動物・ペット 】カテゴリーの記事一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


コメントする