【日本vsスペイン】グループステージ第3戦、勝利で突破 | サッカーワールドカップ2022

ワールドカップが始まる前、日本がスペインとドイツに勝つとは誰が予想しただろうか。
賭けしてる人は大儲けしただろう。

前半1-0で凌いで後半に逆転という全く同じ展開だった。
まぐれではなく、狙って成功してる。

高い位置でボールを回させてプレスによりミスを誘い、一撃必殺のハイプレス&ショートカウンター。
このサッカーなら大迫や古橋よりも前田や浅野を選んだ理由がわかる。

スペインは2位通過のほうがトーナメントでブラジルを避けられるという理由から、同時刻開催のドイツvsコスタリカ戦の状況次第では力を抜いてくれるかも知れないという淡い期待はあったが、万が一コスタリカが勝てばスペインも突破が危うくなる。
実際に後半の中盤で、このまま終われば日本とコスタリカが勝ち抜けて、スペインとドイツが敗退という状況もあった。
つまりスペインが手を抜く状況はほぼ無く、本気のスペインに勝ったという事。

日本はサイドでポジションがかぶる良い選手が多くてもったいないと前から思っていたが、ウイングバックを採用することで戦術の幅が広がった事は素晴らしい。
三笘がドリブルなど攻撃が素晴らしいのは周知の事実だが、思ったよりもディフェンスでも計算できるのが大きいし、堂安や浅野もそうだがプレーを見て勝ちたいという気持ちと自信が非常に伝わってくる。

チームとして一丸となってそれを実行してるから、フォワード、ミッドフィルダー、ディフェンダーそれぞれがポジションが変わってもスムーズにそれぞれの役割を自信を持ってやれてる。
コスタリカ戦のように勝ちにいくのか引き分けでいいのかのような展開のほうが迷いが生じて悪い試合になってる。

そういえば過去の日本代表は、俺たちのサッカー(ポゼッション)にこだわって、監督がやりたい3バックが機能せず諦めた事があったが、今回はいい意味で我の強い選手が少なく、監督の指示を忠実にこなしてる印象。

決勝トーナメントでもこの勢いで初勝利を目指して頑張ってほしい。

スポーツ・格闘技 】カテゴリーの記事一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする