【日本vsコスタリカ】グループステージ第2戦、敗北 | サッカーワールドカップ2022

格上に奇跡を起こし格下に負けるというよくあるパターンを危惧していたがその通りになってしまった。
ドイツに勝利し、日本中が盛り上がり、世界から絶賛された。
ここで気を引き締めるというのは選手誰もがわかってる事。
わかってる事だけど起きてしまう。
あーもったいない。

日本がドイツにやった事をコスタリカにやられてしまった。
前半、相手のプレッシャーが弱く、スペースがあるうちにもっと攻撃をチャレンジすべきだった。
後半、三笘、伊藤純也と攻撃的な選手を起用するも相手のプレッシャーが強くなり攻める余裕が少なくなってしまった。
起点のパスを供給できる柴崎を使って攻撃の選手をもっと走らせてもよかったと思う。

せっかくドイツに勝ったのにコスタリカに負ける。
誰が悪かったとは言わないが、保守的な攻撃と守備の気の緩み。
あーもったいない。

ただ、松木安太郎がいいこと言ってた。
ドイツに負けてコスタリカに勝ったと思えば結果は同じ。
そう思うとそんなに悪くない気もしてくる。
最後スペイン戦、もう一度気を引き締めて頑張ってほしい。

スポーツ・格闘技 】カテゴリーの記事一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする