岡山市5歳女児虐待死事件について

鍋の中に裸で長時間立たせるなどの虐待行為により死亡。

鍋の中に立たせる???

この第一報を聞いた時、正直意味がわからなかったが、続報を聞いて理解できた。
どうしてこんな酷い事ができるのだろう。

【続報】虐待の様子を動画で撮影 「楽しいミッションが…」5歳女児虐待【岡山・岡山市】 | FNNプライムオンライン

この事件は、2021年9月、当時5歳の西田真愛ちゃんに対し、髪の毛を掴んで引っ張るなどの暴行を加えたほか、椅子の上に置いた鍋の中に長時間立たせたり、全裸にして上半身に霧吹きで液体をかけて、扇風機の風を当て続けるなど、5回にわたり暴行したとして、真愛ちゃんの母親で岡山市北区花尻の無職、西田彩容疑者(34)と西田容疑者と内縁関係にある岡山市南区築港新町の内装工、船橋誠二容疑者(38)が強要の疑いで逮捕されたものです。

真愛ちゃんは、2021年9月25日に病院に搬送され、脳死状態でしたが、1月12日、低酸素脳症で死亡しました。

捜査関係者によりますと、真愛ちゃんを虐待する様子がスマートフォンを使って複数、動画で撮影されていて、動画の中には船橋容疑者が、「やっと楽しいミッションがやってきた」などと話している様子が映っているということです。

外に裸で立たせたら通報されるから、室内で凍えさせる虐待ゲームを考えついた。
裸にして霧吹きで水をかけ、扇風機の風を当てて、気化熱で体温を下げて寒さを維持する方法。
水をかけると当然床が濡れる。
でも、風呂や台所でやれば、長時間監視するか、定期的に見に行かなければならず面倒。
なので、普段過ごしている部屋で自分たちはテレビでも見ながら、床が濡れないように鍋の中に立たせて、定期的にチェックして体が乾きそうになったら霧吹きで水をかけて常に冷えさせる。

「汗ばむような暑い日に扇風機に当たったまま寝ると死ぬ」という都市伝説のような本当の話もある。
俺の経験としても、朝に会社の雪かきして汗びっしょりのまま社内で仕事する事があるが、乾くまでは体が震えて歯がガチガチ言うくらい冷える事がある。

濡れた体で冷え続けるのはそれくらい危険。
それと同じ状況を作る。

脳死状態で搬送され低酸素脳症で死亡。
どうしたらこんな酷い事ができるのか。

目には目を歯には歯を

残虐な犯罪にはハンムラビ法典を適用するべきだよ。
脳死状態になるまで同じ目に合わせてほしい。

社会・政治・経済 】カテゴリーの記事一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


コメントする