まーたゴリ押しでテレビ買わせる気かよ

4Kテレビ放送、14年7月開始 世界初、まずCSで
次世代の高画質のテレビ技術「4K」を使った放送を、総務省は2014年7月に世界で初めてスタートさせる方針を決めた。まず衛星放送のCSで始め、BS、地上波に広げる計画だ。
地上デジタル放送への移行で一服したテレビ需要を喚起する狙いがある。
総務省は本放送を16年に始めることを目指していたが、2年ほど前倒しする。14年7月にブラジルであるサッカーワールドカップ(W杯)決勝トーナメントに合わせる。

4Kテレビとは
表示パネルの画素数が、フルハイビジョンの4倍ある高画質化を追求したテレビ。横(水平画素)が3840(約4000)で、1000は1K (キロ)という単位で表されるため、4Kテレビと呼ばれる。
2010年は立体映像が楽しめる3Dテレビが話題となったが、国内メーカーが韓国メーカーとの価格競争で苦戦を強いられたため、価格は発売当時の半値以下に暴落。当初国内メーカーが期待したほどの利益は見込めない状況となっている。
大画面で高画質が売りで、4Kほどの解像度になれば、あたかもそこに実体があるかのようなリアルな映像が楽しめるのだが、はたして、一般家庭の多くがそれほどの画質を望んでいるのかは定かではない。

そういえば3Dテレビって聞かなくなったな。
3Dがこけて、オリンピックでもテレビ需要が高まらなかったから必死か。
技術を進歩させる事は重要だとは思うんだけど、地デジの時のように必要が無い人にまで影響を及ぼすやり方は気に入らない。全員がそこまでのクオリティを求めてない。
一方では環境保護を訴えながら、まだ使える物を廃棄する。
一部の人間の利益のために。
必要な人だけが金を負担してよりいいものを見ればいい。

社会・政治・経済 】カテゴリーの記事一覧

2件のフィードバック

  1. またテレビか、飽きちゃったようなーー;
    上塗りの上塗りを買わされているような気がして面白いとは言い難いです。
    それよりも初めてWindowsが販売された時の感動を味わえるような、時代を変える新しい製品が欲しいな♪

  2. windowsの登場はパソコンとインターネットの普及に多大な貢献をしたね。
    マウスなんて見た事なかったし、データをカセットテープに記録してたしw
    ピーブッピーッブッって音がなつかしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


コメントする