バック駐車こそ正義という風潮について

俺はスーパーなど大きな駐車場ではほとんどバック駐車をしない。
街乗りは小型車や軽自動車をメインにしているというのもあるが、バック駐車にメリットを感じないからである。
なので特に理由がない限りは頭から突っ込む前進駐車をする。

バック駐車のメリットは、内輪差が無いために狭いスペースへ入れやすい。
デメリットは前進駐車より時間がかかる。

大きい車は相対的に駐車スペースが狭くなるからバック駐車が多いのも理解できるし異論はない。
だが今の時代、軽自動車が5割以上を占め、小型車も合わせると相当数になるが、なぜか普通に前進駐車できる車もバック駐車している事が多い。
海外だと駐車スペースが広いためか前進駐車が多いらしいが、日本の場合、スペースの広さや車の大きさに関係なくバック駐車が多いのはなぜなのか。

実際に駐車する時の事を想像してほしい。
駐車する時は、空いているところを探してある意味奪い合いになったり、いざ駐車する時に後ろに他の車が控えていたりして、急いだほうがいいシチュエーションが多い。

出る時はどうだろう。
駐車できる数が少ない繁盛店の場合は、他の客のために早く出てあげたいという気持ちになる時もあるが、スーパーやショッピングセンターなどで「早く出ないと」というシチュエーションはほとんどない。
誰にも迷惑をかけずにゆっくり後方を確認して時間をかけて出られる。

バック駐車も前進駐車も駐車発車の合計タイムは同じとして、どちらに時間を多く割いたほうがスマートか考えたら、速やかに駐車したほうが周りに迷惑をかけない。
駐車スペースが狭すぎて前進駐車でも切り返しが必要で一発で停められない時は、時間だけ考えるとどちらでもいいと思うが、前進駐車には買ってきた荷物をトランクや後方ラゲッジスペース、後部座席に載せやすいという別のメリットもある。
バック駐車しておくと発車する時に出やすいという意見もあるが、それをメリットに感じるほど出る時に困難な状況は少ない。
そのため、よほどの理由がない場合はバック駐車をする必要性を感じない。

それなのに頭から突っ込むと「バック苦手なの?」とか、斜めに停めたら面倒くさがりと思われても仕方ないが、全般的に「めんどくさがって」みたいに思われてる節がある。

前進駐車のほうがメリットが多く他者への配慮もあるのに、なぜこんなにバック駐車正義マンが多いのだろうか。
特に何も考えていない。もしくは「みんながそうしてるから…」という同調圧力に屈してるだけのような気がする。
それとも、記憶には無いが教習所でバック駐車が推奨されてるとか?

駐車の向きを揃えずにバラバラになったら運転席側がバッティングしやすくなるのは想像できるが、ショッピングなら同乗者がいるケースも多いだろうし理由としては弱い。
もしかしたら俺が他の人よりも技術的に前進駐車が得意なだけかも知れないし、納得できる意見があったら是非コメントを。

社会・政治・経済 】カテゴリーの記事一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


コメントする