日本も核兵器を持つべきではないだろうか。

表題を見たら危険な思想だと思われるかも知れないが最後まで読んでほしい。

核兵器なんて全世界から無くなったほうがいい。

でも、保有している国がある現状、持たざるを得ないのではないだろうか。

ソ連崩壊後、独立したウクライナは、アメリカ・ロシアに次ぐ第3位の核保有国になった。
そのため、アメリカ・ロシア・イギリスは、ウクライナの安全を保証するという条件で核兵器を放棄させた。(ブダペスト覚書)

今どうなっているか見てほしい。
ウクライナはロシアに攻め込まれ、欧米諸国は守ってくれない。
こんなやり方を見て北朝鮮など危険な国家が核を放棄するだろうか?

核を放棄しましょう。

漠然とそれだけ聞けば提案してる国は正義に思えるし、素晴らしいと感じるだろう。
でもよく考えてほしい。
核を持っている国がそれを言うのはおかしくないだろか。

漫画等でもよくあるお互いに武器を構えて対峙するシーン。

A「武器を捨てて話し合おう」

B「それならまずお前が武器を捨てろ」

もっともだと思う。
自分たちが放棄してこそ言えるのではなかろうか。
持っている国と持っていない国で対等に話し合いなんてできるわけない。

北朝鮮は核を外交カードに使おうとしてる汚い国だと、ほとんどの日本人が思っている。
でも既に持っている国も同じではなかろうか。

ロシアに強い制裁をできないのはなぜか。
それは核を持っているから。
持っている国は外交で優位に立てるし攻め込まれることはない。

全ての国が核を放棄できないのであれば、全ての国が核を持って対等な立場になり、争いが起きて核のスイッチを押したら全世界が終わる覚悟を持つべき。
今回の件で思い知らされた。

あと、ウクライナはロシアからいきなり飛んできた100発近いミサイルに対して迎撃を試みたそうだが距離が近すぎて間に合わなかったらしい。
北朝鮮からミサイルが飛んできた場合、日本も同じ事になる。
いくら自衛隊の軍事力が世界有数だとしても、軍事施設や空港、通信施設、国会や国の重要機関が一斉に先制ミサイル攻撃された事を想像してみてほしい。
その時点で軍事力は相当低下するし、指揮系統は混乱、国民はパニックになる。
その後の波状攻撃に耐えられるだろうか。

国連の常任理事国は全て核保有国であるため自国が攻められる心配はなく、今の時代は戦争に対する国民の反発も強く他国のために無理をする必要はない。
日米安全保障条約は有事にどこまで機能するだろうか。
今回の対応を見てもアメリカが守ってくれる保証はない。

こうなったら核を持たない国が連合等を作り、「核放棄しなければ自分たちも核を持つぞ」と、一致団結して核保有国に核廃絶を訴えるべき。
日本も含め、世界中がもう一度よく考えたほうがいいと思う。

社会・政治・経済 】カテゴリーの記事一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


コメントする