THE MANZAI 2011 俺的総評

やっぱ、審査員が同じ事務所だとダメだね。
ファイナルラウンドで俺が面白いと思った順位は、国民ワラテンと同じだったけど、審査員の結果が違いすぎて、なんか一気に萎えた。
純粋な審査ではなくて、別の力が働いてるんじゃねーの?って思った。

Hi-Hi
まぁまぁ面白かったけど、まだ優勝レベルじゃないと思った。

パンクブーブー
常に安定した面白さがあって平均点が高いけど、ファイナルのネタは途中笑いが途切れたし、ちょっと物足りなかった。

千鳥
1本目の「はくべい」が、M1グランプリ2009笑い飯の鳥人みたいにインパクトを残したけど、2本目も似たようなネタで1本目のインパクトを上回れなかった。

ナイツ
ファーストラウンドからファイナルまで絶え間なく安定した笑いがあって、しかもファイナルの「のりピー」ネタが毒があって超面白かったし、会場も一番うけてたように見えた。
1本目も加味するなら4組激戦も納得だけど、ファイナルで優勝を決めるなら、今回はナイツでしょう。

(ここから下、いろいろデータを見つけたので、2011/12/19追記)

■最終審査結果
1位
パンクブーブー
5票
(西川きよし、秋元康、テリー伊藤、渡辺正行、天野ひろゆき)
2位
ナイツ
3票
(関根勤、大竹一樹、国民ワラテン)
3位
千鳥
2票
(木村祐一、高須光聖)
4位
Hi-Hi
0票
■国民ワラテン
1位
ナイツ
82点
2位
Hi-Hi
81点
3位
千鳥
78点
4位
パンクブーブー
76点
■「THE MANZAI 2011」で一番おもしろかったのは?(YAHOO!ニュースアンケート2011年12月19日時点)
1位
ナイツ
36110票
2位
Hi-Hi
11685票
3位
千鳥
9555票
4位
博多華丸・大吉
7149票
5位
パンクブーブー
6176票
6位
テンダラー
5690票

国民ワラテンとは、携帯電話やスマートフォンなどで、視聴者自身が笑ったタイミングでボタンを押し、漫才終了後にポイントを送信するTHE MANZAIのシステム。最終審査で審査員票の他に国民ワラテン1位のグループに視聴者票として1票が入る。
んで、ワラテン結果の最下位が優勝したもんだから、そりゃ視聴者の反感買うよね。

テレビ・芸能・音楽 】カテゴリーの記事一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


コメントする