テレビっ子、子?この歳で子はないな、んじゃテレビ青年、ん~なんか違う

昨日に引き続き、テレビの話。
家にいる時は100%テレビをつけている。
帰ってきたら、すぐテレビのスイッチを入れる。

寝る時ですらつけっ放しの事が多い。
疲れきってすぐ眠りにつく時は問題無いけど、そんなに疲れてない時は、布団に入ると何か考えてしまって、眠れなくなってしまう。
と言っても別に悩みがあるとかじゃなくて、「宇宙の果てはどうなってるんだろう?」とか「前方後円墳って何であのカタチなんだ?」とかくだらない事なんだけど、考えてしまうとなかなか眠れない。なぜか脳が活性化される。
どうしても気になる時は起きてネットで調べたりもする。

そんな時にテレビがついてると、なんとなく見ながら(聴きながら)眠りに入れる。
そりゃ興味がある内容のテレビだと気になって逆効果だけど、どうでもいい内容だと、程良く情報が脳を通りすぎて、余計な事を考える事もなく眠りにつける。

こういう風に書くとまるで不眠症みたいだな。

ほとんどの場合、バタンキュー(死語?)なんで全然そうじゃないけど。
真っ暗じゃなくてオレンジの豆電球がついてないと眠れないって人もいるよね?
それと同じ感じかな。もうそれが習慣になっちゃってる。
俺だけ?

テレビ・芸能・音楽 】カテゴリーの記事一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


コメントする