カメ用のおすすめ水中ヒーター

なんとなく亀の元気がないなと思ってたら、ヒーターがぶっ壊れて水が冷たくなってた。
ずっとサーモスタット内臓?の26℃前後に保ってくれるタイプのヒーターを使ってて、壊れる事は無かったけど汚れてきたら買い換えてた。
前回はなんとなくサーモ付(温度調節可能)のヒーターを買ったら壊れた。
やっぱカメ環境に求めるのは耐久性だなと改めて思った。

熱帯魚用とかでもよく見る白い管ヒーターに吸盤がついてるタイプで、それにプラスチックのカバーがついてるのがカメ用ヒーターでは一般的だけど、亀が暴れてコード引っかけたりするとすぐに吸盤が外れてしまうという難点があった。
吸盤が外れて水中からヒーターが出ちゃったりすると、ジュージューするくらい熱くなったりするから、亀のヤケドとか火災が心配。
いつもはその辺のホームセンターで適当に買ってたけど、今回はネットでいろいろ探してみた。
まず良さそうだと思ったのがコレ。


エヴァリス タートルオートヒーター

20160226-タートルオートヒーターC2212

床置きで側面に吸盤4個で固定という、見ただけでもわかる安定感。
しかし弱点があって、20Wとパワーが弱い。
これの100W以上出してくれたら即買いなのに。
と、思いながら他のを探して、今回買ったのがコレ。


エヴァリス パラレルオートヒーター

20160226エヴァリスパラレルオートヒーター

前述のタートルオートヒーターと同じエヴァリス社のヒーター。
あまり聞いた事がないメーカーだけど海外では有名なのかな?
なんとなく海外製っぽいよね。

これも側面吸盤タイプで吸盤が3個。
安定感はタートルオートヒーターに負けるけど、30W・50W・100W・150Wとパワーが選べる。
そして、2段階ロック機能(水温制御共用内蔵センサー/温度ヒューズ)で安心。
150W(約30~60L水槽用)を買った。
今のところ元気に稼働中。

関連記事:亀(クサガメ)の飼育環境・陸地と水場のバランス

動物・ペット 】カテゴリーの記事一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


コメントする