日本の誇り「はやぶさ」が今日帰ってきます。

俺は宇宙が大好き。
雷の音が遅れてやってきたり、音に速度があるのはわかるけど、光ってのはピカっと一瞬でやってくるから光速は実感が沸かない。
我々の太陽系がある天の川銀河の大きさは10万光年。
光の速さで10万年かかる大きさ。
宇宙にはそんな銀河が数千億個あると言われている。
我々が知ってる宇宙はほんのごく一部でしかない。
とんでもないスケール。
星は光が届いて初めて我々に見える。
地球から10万光年離れた星があるとしよう。
地球から見えてるその星は10万年前の姿なのだ。
したがって、今夜空に見えてる星はもう爆発して実体が無いかも知れない。
無くなってから10万年後に地球から見えなくなる。
宇宙はどうやってできたのか。
果てはどうなってるのか。
形はどうなってるのか。
宇宙には浪漫が詰まってる。

やばい、宇宙を語りだしたら止まらなくなる。
本題のはやぶさ。

小惑星探査機「はやぶさ」 きょう7年ぶり帰還
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100613-00000552-san-soci
 ■太陽系の“原点”探るデータ期待
 7年前に宇宙へ飛び立った小惑星探査機「はやぶさ」が13日、地球へ帰ってくる。原始太陽系の姿をとどめているとされる小惑星「イトカワ」へ軟着陸し、世界で初めて土壌採取と回収に挑んだ。

この動画は泣ける。
7年も宇宙を旅して、任務を終えて帰ってくるってかっこよすぎ。
まぁ、はやぶさは大気圏で燃え尽きちゃうらしいんだけど、サンプルの入ったカプセル無事に届くといいね。

はやぶさ、おつかれさま、そしてありがとう。

雑記 】カテゴリーの記事一覧

6件のフィードバック

  1. さきたNHKのニュースで和歌山大学でネット中継やるってましたね!
    もうご覧になられでらどは思いますが(汗)いちお~URL↓
    ttp://www.wakayama-u.ac.jp/ifes/news/news20100613.html

  2. ちゅわこも見ました~!
    長~い流れ星ってが、彗星みてにスーって光ってで…
    宇宙は全然詳しぐねんだばって(すっすみませんw)
    この7年(帰還予定あだりがらの約3年は特に)
    いろった事あったんだべなぁって思いながら見でました~。
    晩げのニュースで中継やるの知ってだばって、
    その後すっかど忘れでまってで
    俺様のブログばのぞいで思い出しました(大汗)
    リアルで貴重な瞬間ば見れるってすごい…
    こちらこそ教えでけでありがとうございます~♪

  3. 衛星を擬人化して感動させるすごい動画ですね、最後まで見ました^^;
    ビッグバンの最初の段階、量子力学の『トンネル効果』は実際に我々のPCの集積回路に使われているのにその理論をまだ証明できないというのがもどかしいですね(汗)
    証明できれば間違いなくノ~ベル賞ですねv

  4. るおやんさん
    長いのによく最後まで見たね
    難しい事はよくわからないけど、るおやんさんも宇宙が好きそうだ
    ビッグバンは知らないけど、ビッグボーイの大俵ハンバーグの中が赤いのは知ってるw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


コメントする