メタキーワード(meta keyword)は俺的に必要

いつの間にかGoogleがメタキーワードをSEOの評価対象から外してた。
といっても2009年からだから結構経ってたのか。
meta keywordは、そのページがどんなキーワードと関連しているのかを検索ロボットに伝えるmetaタグの事。

メタキーワードは個人的にあると便利なんだよね。
なぜかと言うと、検索ワードの表記揺れや誤入力対策に利用してたから。

表記揺れというのは、「ダイヤモンド」と「ダイアモンド」とか、「問い合わせ」「問合せ」とか、「メガネ」「眼鏡」とか、「齋藤」「斉藤」とか、どれもそれなりに使われる言葉の事。
検索エンジンも賢くなってるから、片仮名と平仮名、漢字の違いなどは、ほとんどが同じ結果が出るようになってるけど、全てではないから俺以外にも必要性を感じてる人がいるはず。

メタキーワードが評価されないとなると、一貫性なくタイトルや本文に複数の表現を使うしかない。
不自然でも「林檎(リンゴ・りんご)の通販なら | アップル堂 APPLE-DO」のように全部入れるしかない。
というか、そのように実践してるサイトも多い。

誤入力はそのままの意味。
キーワードを打ち間違えて検索した時に表示されるかどうか。

俺に必要なのは誤入力対策のほう。
半角全角漢字キーを押し忘れて、「oresitenn」というキーワードでこのブログ(俺視点)を検索する事がよくある。
あと、普段使ってないパソコンで「おれしてん」で変換すると「俺支店」になる事が多い。

ブログを引っ越すまでは「oresitenn」でも「俺支店」でも表示されてたから、メタキーワードの効果が無くなっていた事に気づかなかった。
引っ越してからは全く表示されなり、おかしいなと思って調べたらそういう事だった。
メタキーワードに設定する事で大体の誤入力はサポート出来てたから便利だったのに。

引っ越すまで大丈夫だったという事は、だいぶ前からメタキーワードは評価されていないと言っても、おそらく過去の誤入力で辿り着いた実績は評価として残ってる。
現に楽天なんかは、今でもメタキーワードに「楽天,rakuten,ラクテン,らくてん」とか設定してるけど、それ以外でも「rakutren」とか「らkてん」とか、誤入力でありそうなワードのほとんどで検索1位だしね。
サイト自体が評価が高いのと、誤入力でもずっと同じドメインの楽天に辿り着いていた実績の積み重ねのおかげで、誤入力でありえそうないろいろなワードで表示されてるのだと思う。

SEO対策に関しては、昔から評価と悪用とのいたちごっこで、昔は効果があったものが効果がなくなったり、むしろペナルティになったりとかあった。
例えば背景色と同じ文字色(ドラッグして反転させると見えるけど普通には見えない文字)でキーワードを羅列したりね。

同様にソースにはあるけど表面上には見えないメタキーワードも悪用するケースが増えてきたから廃止なんだろうけど、復活してほしいな。
それか文字数に制限があってもいいから、表記揺れや誤入力に対策できる別のメタタグを用意してほしい。

というか、本文にこれだけ書いたら、そのうち「oresitenn」や「俺支店」でも表示されるようになるべ?という実用も兼ねたテスト記事。

インターネット 】カテゴリーの記事一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


コメントする